ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2019年08月30日

LCCの激安セールの裏技は「火曜戻りの航空券購入」!

今日の午後3時から、最安209円の「肉まん価格セール」が、LCCジェットスターが開催。



といってもここに予約手数料600円、空港利用料那覇120円/成田中部関空360-410円がかかります。さらに座席指定すれば480-1080円かかりますので、「209円セール」といっても、実際は座席指定なしでも1200円、座席指定すれば2000円ぐらいになります。

それでも激安ですけどね〜。

搭乗期間は「2019/11/6-2020/02/06(成田那覇)」「2019/11/12-2020/02/06(関西那覇)」「2019/10/29-2020/02/06(中部那覇)」。もちろん年末年始や連休前後は対象外。さらに「火水木」の曜日限定なので、週末に使うとなると現地に5泊も必要になります。以前は航空券を安くしたいので、本土に5泊とかしていたな〜。

しかしよくよく考えると、本土での余計な宿泊代で、航空券代の安さは全部吹っ飛んでいるんですよね。土日滞在の目的なら2泊で済むところ、5泊もするとなると無駄に3泊していることになりますからね。1泊5000円でも15000円、1泊1万円なら3万円もロスしていることになります。それだと航空券が2000円でも、結果的に高くつく次第です。なので最近はこういう裏技を使って、沖縄〜本土を安く移動しています。

「片道だけ激安セール便」

この「火水木」の火曜便か木曜便のみセールで確保し、もう片道はフルキャリア便を利用。週末なら「木曜便に乗って日曜便で帰る」ないし「土曜便に乗って火曜便で帰る」のが安上がりになります。どちらも3泊のみで済みますので、宿泊代は安く上がります。さらにここでその宿泊代も安くするコツ。

「土日月泊」

これなら週末料金は土曜日のみ。そして日月は週で最も宿泊代が安く設定されるので、オトクに宿泊できる次第です。逆に「木金土泊」だと、全部週末料金になるので、同じ3泊でも割高になります。下手すると「木金土泊」は「土日月泊」の倍以上になることも。

あとは土曜の宿泊代をいかに安くあげるかですが、土曜は最終便で飛んで仮眠程度にするとか、オールで飲むとか、いろいろ方法はあります。何より日月泊は料金設定が安いので、土曜が高くても元が取れるレベルなんですよね。

しかもLCCの激安セールで片道だけの予約なら、万が一行けなくなってもロスは片道のみ。しかもセールならロスしても影響は少ない額です。ちなみにLCCのセールで買った激安航空券だと、キャンセルしても手数料の方が高くなるので基本「放置」でOKです。

また予約時も片道のみならセールでも席を確保しやすいのもメリット。往復だと片道OKでももう片道NGだと、往復ともにNGになっちゃいます。さらに手間も2倍かかるので、その間に満席って場合も多々あります。LCCのセールは基本「片道予約」ですね。

ってことでまとめ。

LCCの激安セールの裏技 まとめ

  • 日程は土曜〜火曜がおすすめ
  • LCCセールでは火曜の戻りの片道のみ予約
  • 土曜はフルキャリア便を予約
  • 宿泊は日曜・月曜の安いプランを利用
  • 宿泊代が高い土曜は仮眠程度かオールで飲む

いかがでしょう?私はこれでかなり安く「沖縄〜本土」を往来しています。毎回「3泊航空券代込み」で30000円以下です(通常の3泊込みの往復航空券だと格安ツアーでも40000円超)。

<3泊4日で30000円内訳(実際はもっと安い)>

  • 【行きのフルキャリア】10000円(早割活用)
  • 【帰りのLCC】2000円(セール活用)
  • 【日月の宿泊代】10000円(2泊分・最安で6000円も可能)
  • 【土曜オール飲み】8000円(最安で5000円でも可能)
  • 【土曜仮眠】スパなど5000円(最安で3000円でも可能)

posted by 離島ドットコム管理人 at 14:33 | 格安航空券